本文へスキップ

TEL. 0125-75-3800

〒073−0026 北海道滝川市東滝川760番地1

中空知衛生施設組合リサイクリーン

●施設の概要


 1.所在地            滝川市東滝川760番地1

 2.敷地面積 ・建築面積

高速メタン棟 リサイクルプラザ棟 管 理 棟
鉄骨造一部RC造
 地下1階地上2階
 地下 1,029.25u
 1階 2,346.01u
 2階 1,942.85u
 合計 5,318.11u
鉄筋造、2階建
 1階 3,529.97u
 2階 1,218.40u
 合計 4,748.37u
 鉄筋造、2階建
 1階   763.54u
 2階   684.64u
 合計 1,448.18u
車 庫  総 計 敷地面積
鉄筋造、1階建
   
    214.56u
 建築面積
    7,434.62u
延べ面積
    11,729.22u
    31,983.50u
 

(高速メタン棟 敷地面積 9,900u、建築面積 2,883.89u)

 3.建設年次       ○管理棟、中継施設、リサイクルプラザの資源選別部門
                   平成14年3月〜平成15年3月末完成
              ○高速メタン発酵処理施設(バイオガス化プラント)リサイクル部門の破砕部門
                  平成14年3月〜平成15年7月末完成
 4.使用開始
       ○管理棟中継施設、リサイクルプラザの資源選別部門
                  平成15年4月1日供用開始  
               ○管理棟中継施設、リサイクルプラザの資源選別部門
                  平成15年4月1日供用開始         
               ○高速メタン発酵処理施設
                  平成15年8月1日供用開始

 5.建設費       ○工事費全体 約33億円、工場使用車両7台 8千万円
                  (33億の財源内訳、国費7億、起債24億、一財2億

             ○用地は滝川市から借地。(敷地面積約3万平方メートル)
             ○国庫補助事業(環境省)廃棄物処理施設整備費《廃棄物循環型社会基盤施設整
              備事業》補助率25%





 6.処理能力         

高速メタン棟 リサイクルプラザ棟 中継施設
受入ごみ 生ごみ 資源、粗大、不燃 可燃ごみ
構成市町 芦別、赤平、滝川、
新十津川、雨竜

  95,308人

  (H12国調
赤平、滝川、新十津川
雨竜

  74,282人

  (H12国調)
赤平、滝川、新十津川、雨竜

74,282人

(H12国調)
処理能力 《生ごみ》

施設規模 55t/日
《資源》

施設規模 55t/日

《破砕(不燃・粗大)》

施設規模 55t/日
《可燃》

施設規模 55t/日


7.処理施設備の特徴

高速メタン棟 リサイクルプラザ棟 中継施設
受入ごみ 生ごみ 資源、粗大、不燃 可燃ごみ
主 要
設 備
●デュアルガス発電機
  80kw×5台
●発酵槽700?×3台
  φ9.5m×15m
 (地下6.3m、厚さ30cm)
●ガスホルダー1000?
  外径10.5m×13m
●脱臭設備
 (生物+薬剤+活性炭)
●排水処理設備
  130?/日(105?/日)
  BOD:20mg/l,SS:10mg/l
●びん・缶選別ライン
●ペットボトル選別ライン
●粗大ごみ・不燃ごみ破砕機
 (受入2m×1,2m)
●前処理せん断機
●古紙類圧縮・梱包機
●カセットテープ・紐類破砕機
●管理棟、トラックスケール
 (25t、3m×8m最11t  平積ダンプ)
●コンパクター
  最大推力45t
●コンテナ移動装置
●コンテナ
  コンテナ重量3.7t
  7台
  1日6〜8台搬送
●フックロール車
 (極東開発の登録商標
特 徴 ●生ごみを20日間35度でメタン 発酵
 ・バイオガス発電
 ・ガスボイラーに利用
●電気
 ・場内利用、余剰分は売電
●熱
 ・冷暖房
 ・ロードヒーティング
  (管理棟周り525u)
●発酵後の汚泥残渣
 ・脱水(85%)
 ・乾燥(40%)
 ・40日間熟成させ肥料とし
  て利用
●汚水処理
 ・高負荷生物脱窒素処理方
  +膜分離処理+活性炭吸
  着処理→放流
●資源ごみの分別・圧縮・梱包
 ・びん(生びん、透明、茶、そ  の他) 
 ・缶(スチール400本15s   ・アルミ250本5s)
 ・ペットボトル(500本
  15s)
 ・古紙1梱包1トン(新聞、
  雑誌、ダンボール)
  (紙パックはそのまま搬出)
●粗大ごみ、不燃ごみの破砕
 → 資源選別、
 ・可燃・不燃分離
  (竪型高速回転衝撃型)
●展示ルーム、研修ルーム、
 リサイクル工房 
 住民参加によるリサイクル
 啓発
●可燃ごみのコンテナ圧縮
 、中・北空知廃棄物処理
 施設(エネクリーン)
 に搬送
●コンテナ(22?、7.6t)
 17回押し込み
(パッカー車の4台分程度)
●中・北空知廃棄物処理施設
  (エネクリーン)
  


●搬入量

                

施設の搬入量及び資源物搬出量
        ○搬入量・資源物搬出量(PDF) 

 

●施設内説明

○管理棟 
○リサイクル工房
○高速メタン発酵処理施設
○リサイクルプラザ処理施設
○可燃ごみ中継施設

●リサイクリーンごみの受け入れ


  ○ 受入時間  午前8:45〜午後4:30
  
  
○ 受入基準   ・施設へ直接搬入する場合(PDF)

              ・構成市町及び委託業者が搬入する場合(PDF)H26〜

                                    

●「美ola」の販売」

                
                ・販売及び購入方法(PDF)

                  ・肥料の使用方法 (PDF)

 

●施設見学について

  
  【お知らせ】新型コロナウイルス感染症対策による施設見学の中止について

     新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、まことに勝手ながら
     当分の間、施設見学の受け入れを自粛させていただくこととなりました。
     状況が改善されましたら当ホームページにて改めてお知らせいたします。
     皆様には、ご迷惑をおかけしますが、
     何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

        問合せ先:中空知衛生施設組合 電話:0125−75−3800

●施設の沿革

昭和39年 7月
滝川市衛生センター稼働(処理能力 1日 40kl)
昭和44年 7月
一部事務組合設立(1市3町による)
昭和46年11月
処理能力 1日 60klに増設
昭和55年
予備貯留槽建設(貯留槽能力 1,200kl)
平成 2年
新衛生センターの建設着工
平成 4年 4月
新衛生センター稼働(処理能力 1日 40kl)
平成12年11月
予備貯留槽立替工事完成(処理能力 1日 700kl)
平成15年 3月末
管理棟、中継施設、リサイクルプラザの資源選別部門完成
平成15年 4月
管理棟中継施設、リサイクルプラザの資源選別部門供用開始
平成15年 7月末
高速メタン発酵処理施設、リサイクル部門の破砕部門完成
平成15年 8月
高速メタン発酵処理施設供用開始
平成24年 3月  
高速メタン発酵処理施設、軽量物脱水機更新工事完了  

バナースペース

中空知衛生施設組合

〒073−0026
北海道滝川市東滝川760番地1

TEL 0125-75-3800
FAX 0125-75-3801